忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


1月18日、京成杯。
4コーナーで、絶好位につけていたサンライズキールが、突然つんのめり、鞍上の吉田隼人騎手が落馬、競争中止となった。

そのときは、そんなことになると思っていなかった。サンライズキールは、その後も空馬ながらゴールまで走りきったからだ。

が、診断の結果、サンライズキール、右第1指関節開放性脱臼にて、予後不良。

競馬に詳しくない方のため説明すると、予後不良とは、安楽死処分に至る致命的な故障のことである。
これが人間なら、足の1本や2本、なくとも死にはしないのだが、馬は脚が1本でも欠けると生きていけない生き物である、それゆえにこのような判断が下される。

でも、馬にはそんなこと分からない。
自分の脚が変な方向に曲がっていようと、ぶら下がるはずのないものがぶら下がっていようと、動ける限り走ってしまう。
サンライズキールのあれは、そういうことだったのかと思うと、

ちょっと泣きました。
今も、ちょっと泣きそう。

落馬した吉田隼人騎手の容態も、詳しいことがなかなか伝わってこないし、心配だ。
頭部外傷、左肘部挫創、ということだが、ヘルメットががっつりへこむほど頭を踏まれる、って大丈夫なのか。

中山は事故の多い馬場だと聞くし、京成杯は去年も予後不良の落馬事故が起きている。
クラシックの登龍門のはずが、すっかり縁起の悪いレースになってしまった。

サンライズキール、3歳牡。
人間に例えると高3ぐらいで、京成杯はまさにセンター試験のようなものだ。
しかも、サンライズキールは、センター試験なら700点程度、もしかしたら東大でも受けちゃおうかなというレベルの馬だった。

私の万馬券は、京成杯とは無関係だが、すっかり浮かれた気分がへこんだ、
そのため、18日の記事は削除しました。
アップされていた時間は数時間なので、ご覧になった方も、せいぜい5、6人であろう。その方々、ラッキー、というよりは、むしろ貧乏くじ。

他の話題も書こうと思ったが、あまりにもそぐわないので、やめておく。
できれば、今日中にもう一度、更新できればと思う。

人気blogランキングへ

拍手

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[596] [595] [594] [593] [592] [591] [590] [589] [588] [587] [586
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]