忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


私の三国志歴は長い。

中学1年のとき、羅貫中の『三国志演義』を読み、
関羽をリスペクトするに到ったのが、その始まりである。

熱中しすぎて、学校の先生に注意された。

読書もいいけど、もうちょっと勉強しなさい、
今は試験期間中なんだから。

と。

その数年後、高校生のとき、吉川英治の『三国志』を読んで
猛烈にハマったのが、私の中の第2三国志ブームである。
↑ これ、抜群に面白い。

その後は、これといったこともなく、ゆるい三国志好きというポジションが
続くわけだが、

久々に、みたび三国志にハマるきっかけとなったのが、
他でもない、コーエーの放つネオロマンスゲーム、
『真・三国無双2』であった(笑)。

三国志好きとしては、似たようなゲームであるなら、
あえて『戦国無双』をやる気にはならず、今に至る。

語弊があることを承知で言うならば、
日本の戦国時代にない、三国志の魅力とは、勝者不在の史実である。

飽くまで私の見方であるが、
日本史の、信長→秀吉→家康の流れには、
ある程度の必然性があるように思える。

根本的に明らかに、信長の脳みそはその時代において新しかった。
信長が現れた時点で、武田信玄や上杉謙信の天下はありえなかった
と、思うのだ。

三国志で言うと、曹操は、信長に近いタイプのように思われるが、
戦国時代における信長ほどに、他の武将に圧倒的な差を
つけることはできなかった。それには、様々な要因がからんでいるとは思うが。

現に、赤壁の戦いで大敗し、天下を取り損ねている。

そこに、もしも…の想像を働かせる余地が大きく働くのである。

…ような気がする。

第二に、戦国時代と三国志では、取り合っている陣地の広さが違う。

日本を統一しても、三国志最小の蜀より小さかったりしないだろうか。

まして、群雄の各領地など、三国志の武将からしたら
町・村レベルだったりして?

もういいじゃん、
カエル取り競争で勝った人が勝ちってことで、

みたいな?

…………………

日本史好きの人、お気に触ったらすみません。
私も日本史好きなんですけど、まあ、無知なもので。

歯切れが悪くて申し訳ない。

四の五の言わずとも、三国志、猛烈に面白ぇーー!!という話である。

とか、長々と語っていたら、本題の3に行けなかったので、明日に続く。

人気blogランキングへ

拍手

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
な…
なるほど、それほどまでに三国志は魅力的なのですね(ちょっと圧倒されている気配)。

なんというか、タイミング良く(悪く?)『戦国無双』にハマっているワタシなので、なんと申し上げればよいのか…複雑ですが(笑)、
三国志にも興味がないわけではありません。
むしろ無双への第一歩は三國無双だったわけですしネ。

とりあえず、姐さん絶賛の吉川英治さんというお方の著書が気になるので、いずれ読んでみたいですね。
しおどん URL 2006/08/24(Thu)00:37: 編集
やっぱり
三国志に比べて、戦国時代をけなしているように見えますか?
気分を害されたのなら、お許しくださいませ。
戦国時代がイマイチ、というより、三国志がとても好きなのです。

でも、うちでも、『戦国BASARA』絶賛稼動中です(笑)。

吉川英治は、何でも面白いと思います。
三国志でなくとも、平家物語でも宮本武蔵でも太平記でも、
興味があるものを一読されることをお勧めします。
【2006/08/24 02:36】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]