忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


アンジェリーカー的には、

『アンジェリーク』の新作が何で魔恋の某やねん、と、いうことの他に、出してる会社がアイデアファクトリー、というところに、やはり一抹の不安を感じざるを得ない。

なぜなら、

アイデアファクトリーの出す乙女ゲーといえばアレだ、

◯ボタンだけ押してればクリアできるゲーム。

そして、予想は的中していたワケである。

選択肢も数えるほどしかなく、プレイヤーは、声つき紙芝居を延々見させられるのだが、

こういうゲームは、アレだよな。

どんだけストーリーが面白く感じられるかが肝だよな。

けれども、『アンジェリーク』は、土台がシミュレーションなので、そもそも物語などなきに等しい。

続きはCMの後で。

違った。

続きはあなたの心の中で、

っちゅーわけである。

たとえどんなに優秀なライターをつけたところで、そこんところが大して代わり映えするわけではないので、こういうゲームが得意でない人間にとっては、退屈極まりない。

今やっと2人目攻略中なのだが、

あと4人もいるの、マジで?

ひたすら修行みたいだな。

ただ、これ、魔恋の某がどうの、という問題ではないかもしれない。

お話が読みたいなら、普通に読書する方がよっぽど手っ取り早いし、楽しいのである。

ってことで、今年は何冊読んだかな。

100冊は読んでない。

ゲームはその10分の1以下だ。

てか



気づいたけれども、

今年

ゲームは

オンラインを除くと

乙女ゲしかやってなくね?

やべ。

いろんな意味で

自分に危機感。

拍手

PR

2006年4月9 日、『ネオアンジェリーク』発売記念に当ブログが始まって、5年7か月余り。
満を持して登場したアンジェリークの新作が、『魔恋の六騎士』って何やねん、と、多くのアンジェリーカーが思っているハズである。

何でコーエーテクモでなくてアイデアファクトリー。

とかいう、一般人の知ったこっちゃない大人の事情をさておいても何やねん。

と。

何そのチョイス。

『魔恋の六騎士』って誰やねん、というと、シリーズ中の1作『アンジェリーク 天空の鎮魂歌(レクイエム)』に出てくる敵役のうちの6人を指す。

人気のある敵役を主人公にして番外編を作る、ってよくあることだよな。

が。

人気あったら、すぐ番外編作るよな。

『天空の鎮魂歌』ってPS のソフトだ。

構想10年ってことは、絶対ないと思う。

その証拠に、

10年前の魔恋の六騎士の面々の姿形を確認して、アンジェリークに造詣の深い乙女たちは必ずや思うハズだ。
(それにしても、何と無意味な造詣であろうか。)

あんたたち、誰?

と。

拍手


『ネオアンジェリーク』発売記念に、このブログを始めました。

よろしくお願いします。

って、当ブログの記念すべき第1回に言っている。

あれから5年半あまり。

マジかよ。

一人の人間が、2回職を変わって、なおかつ転勤しそう。

5年半ってそういう歳月だ。

で、

『アンジェリーク~魔恋の六騎士』発売したから、買おうかな。

遊ぼうかな。

そんで、感想をブログにアップしようかな。

って頃合いである。

要するに、

一人の人間が

2回職を変わって、なおかつ転勤しそうになるには十分であるが、

人間的成長を遂げるには、あまりにも短い。

そういった年月である。

結論はそれでよろしいでしょうか。

あ。

よろしくない。

分かりました。

それでは、よろしくお願いします。

m(_ _)m

拍手


エヴァンゲリオンと並行して、DVD を借りて見てたのが、

『メイちゃんの執事』。

出た。

当ブログ3度目。

どんだけ好きなんだ私。

実際、通して見たのは初めてだが、やっぱり好きだな。

深くなくていい。

ためにならなくていい。

ただ、馬鹿馬鹿しくあれ。

しかし、テレビ放映のときからあんなんだったっけか。

全校生徒がヘリ登校とか、敷地面積が東京都の1/3とか、

そんな学校、離れ小島か、お嬢様と執事だけで成り立ってる豊田市みたいなところに違いないとか、
(豊田市の方々に泣いてお詫びしたまえよ。)

散々言いたい放題言ってたけど、

ちゃんと地図出てくるじゃんか。

思いっきり東京都内。

八王子市周辺一帯、丸ごと聖ルチア女学園の敷地。

ふはははははははは!

私が八王子市民だったら、

複雑な気持ちになりながらも、心の目でヘリとか執事とかお嬢様とかダイヤモンドの便器とか、

探すかもしれない。

心の目で、次元の壁を越えようとするかもしれない。

嘘だけど。

拍手


エヴァンゲリオンについて、何より不思議に感じたのは、あのコトである。

どうやらエヴァは、誰にでも乗りこなせるものではなく、搭乗適格のようなものがあるらしい。

その適格者に番号を振っている。

1st チルドレン 綾波レイ。
2nd チルドレン 惣流・アスカ・ラングレー(なんちゅー名前や。)。
3rd チルドレン 気持ち悪いシンジ。

何ゆえ。

何ゆえチルドレン。

一人なのにチルドレン。

14歳になってもチルドレン。

child -children

boys and girls and children

西川きよしの奥さんはヘレン。

拍手


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]