忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『マスケティア』はすぐコンプリートできちゃったので、間髪入れずに取りかかったのが、

『魔法使いとご主人様』。

・・・何だか、似た名前の乙女ゲーあったよな。

そうそう。

『猛獣使いと王子様』。

魔法使ったり猛獣使ったり、
ご主人様だったり王子様だったり、

乙女は忙しいのう。

つか、区別つかんわ。

双方、違う会社の全く無関係のゲーム。

私が遊んだのは、魔法使いとご主人様。

メーカーはクインロゼ。
癖のある乙女ゲーを出すことに定評がある。

よって、好き嫌いが分かれやすいが、私はまぁ好きな方なのだろう。
その証拠に、クインロゼのゲームを遊ぶのは、4作目である。

『ハートの国のアリス』
『アラビアンズ・ロスト』
『クリムゾン・エンパイア』

ときて、『魔法使いとご主人様』。

クインロゼの乙女ゲーの特徴として、ゲーム間で世界がつながっている、というのがある。
上記4本のうち、アリス以外はすべて、架空のファンタジー世界「フルークハーフェン大陸」の同じ時代が舞台となっている。

つまり、それぞれの主人公たちが移動して、タイミングが合えば、鉢合わせする可能性があるわけで。

実際、共通して登場するキャラクターも少なくない。

今作主人公の兄マイセン(高級磁器のブランド名ではありません。)なんかがその筆頭だな。

プレイヤーからすれば、すべての作品を遊んで、ゲーム中明らかには語られない世界観を言外に感じ取り、あるいは推理ドラマを見るように推測するのが醍醐味かもしれない。

思わせぶりなセリフがいっぱいあるんで。

さて、

それで、今回の『魔法使いとご主人様』の筋書きであるが、

フルークハーフェン大陸の魔法大国にあって、唯一魔法を使えないプリンセスが、自分だけの専属魔法使いを探す話。

それを探し出せない場合、王位継承権を放棄して田舎に隠居しなければならない。

一度と言わず二度三度暗殺された後、ようやくまともなエンディングを迎えられるようになった私である。

エンディングの種類は、大きく分けて1キャラにつき3種類。

男前の魔法使いを自分の専属にして、なおかつその男との恋愛もうまいこといくエンディングと、

男前の魔法使いに、下僕は嫌だが彼氏にならなるよと言われるエンディングと、

男前の魔法使いに、おととい来やがれと言われるエンディング。

暗殺されるエンディング以外は、どれも割といいエンディングだと思うな。

ヒロインは、王位継承権を放棄させられようが、元プリンセスの身の上に物を言わせて、何だかんだで悠々自適。

うらやましいなあ。

クインロゼの上記の4タイトルの中では、『アラビアンズ・ロスト』が一番好きだが、その次は『ハートの国のアリス』と『魔法使いとご主人様』が同点ぐらいかな。
久しぶりで、夜更かししてゲームを遊んでいる。

『クリムゾン・エンパイア』だけはいまいちだった。

遊んでもここでレビューしていないし、途中で遊ぶのやめちゃったし。

てことで、採点するなら、『クリムゾン・エンパイア』は星3つで、その他は4つ。

いじょ。

拍手

PR

乙女ゲーも、源平、三国志、新撰組ときて、ついにアレが。

『マスケティア』。

と、いえば、三銃士だな!
俺様得意分野!

Amazonの評価も上々、

ってことで、遊んでみました。

三銃士とその関係者の面々が、近現代に転生し、前世の因縁を晴らし合う話。キャストは、

ダルタニアン:美少女転校生(は?)。ヒロイン。
アトス、アラミス、ポルトス:生徒会長と生徒会役員。
リシュリュー枢機卿:校長先生
ロシュフォール伯爵、トレヴィル隊長、ミレディ、ロシナンテ(ぶは!):担任の先生とか
コンスタンス、プランシェ、ボナシュウ:後輩と同級生

ず・・・ずいぶんと・・・

スケールダウンして転生されましたのね・・・

どさくさに紛れて、馬が人間に転生してるし。

アイデアファクトリーなので、またもや選択肢の少ない、アホでもクリアできるテキストアドベンチャーなワケだが、

全体がコンパクトで、煩わしさはあまり感じない。

音声をすっ飛ばせば、なおさら快適。

肝心の内容に関する感想は、

学校長ごとき、どんだけ雲上人なんだよ。

そして、物語の骨子は、前世の因縁による血で血を洗う復讐劇であるわけだが、

それ、血で血を洗うほどの因縁か?

と、素直に思う。

生まれる前の出来事を理由に、今殺されてもなー。

しかも、コンプリートした時点で、物語の根本的矛盾に気づくし。

ただ、

リシュリュー校長の「私の下着はビキニだ」笑撃発言等、色々面白かったので、

星4つかなっ

と、思う。

拍手


昨日は、バレンタインデー。

隣の席の上司と、隣の席の若い子に、由緒正しい義理チョコを進呈。

大きさは同じくらい、値段は3:1くらい。

うむ。

抜かりなし。

ついでに、せっかく普段なかなか店頭で買えないチョコが店頭に並ぶ季節でもあり、自分チョコも買うことにする。

危うく3500円のピエール・マルコリーニを自分のために買いそうになり、寸でのところで思いとどまったよママン。

思いとどまったのは、一応お世話になっている人にあげたより高価なチョコを自分で食うことに良心のそこはかとない痛みを覚えたからで。

義理チョコよりはいいチョコを買うだけに止めておいた。

結局は、自分が一番好きってことらしいあるよ(あるよ?)。

しかし、せっかくのそのチョコを会社に置き忘れて帰宅してしまい、やっと今日食べるんだけどね。

拍手


昨日に引き続き、歌ネタで。

若い方はご存じないかもしれないが、H2の『想い出がいっぱい』という歌があって、時代を超えた名曲だと思っていた。

小生も大好きだった。

そこはかとなく過去形。

いや・・・・・・

今も意見は変わっていない。

ホントいい歌だよね。

♪ 大人の階段昇る
♪ 君はまだシンデレラさ
♪ 幸せは誰かがきっと
♪ 運んでくれると信じてるね

・・・・・・・・・・・・・・・

そこだよ。

幸せは誰かがきっと運んでくれると信じてる奴なんかね。

ロクなもんじゃねえ。

仕事できねぇぞ、そいつ。

絶対。

そんなことを思うようになったのは、

たぶん

自分が

どっちかというと

幸せ運ぶ側の人間だと気づいてしまったから。

気づきたくなかった・・・・・・!!

そんなこんなで、 この歌を聴くと、違う意味で切なくなってしまう今日この頃なのだが、それでもすごい歌だと思いますよ。

どれぐらいすごいかというとね。

ノストラダムスくらい。

なぜなら、

♪ 少女だったと
♪ いつの日か

思う時が来ること、言い当てちゃってるからである。

拍手


久しぶりに更新するネタがコレ、

って、非常に恐縮なのだが、

以下、下ネタNG、しかも飲食中の方は、ご覧にならないのが無難と思われます。

さて、

拍手


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]