忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


自分のファッションについて、親から駄目出しが入るというのは、よくあることである。
最近も、「お父さんは、それが理解できん」と言われた。

ま、そんなことで反省するような私ではないのだが、

「今、そんなん流行りやで。うちのユリちゃんも、ようそんな格好しとるわ」

というフォローが他人から入ったときは、思わず反省した。
だって、ユリちゃん、高校生である。

ただ、反省しても、特に改めはしない。
サルなので、できるのは反省だけである。

さて、

先日から、最近の少女マンガネタを引っ張っている。

前回も、口汚くくさしたような気がするが、

私が罵ったのは、『囚』という個別の作品ではない。
(レベルの高い作品だとも、決して言わんが。筋立ても、エロも、すでに使い古されたつまらんネタだ)

少女マンガで下ネタを扱うべきではないとか、子供の目に触れさせるべきではないといったことでもない。
(前々回で述べたように、それも線引きの難しい問題である)

規制のあり方に齟齬が生じている、と、言っているだけだ。
18禁という規制をするなら、あのマンガにも18禁のレッテルを貼るのが筋である。

エロネタ自体は、昔から少女マンガにもあった。

私が初めて『パタリロ!』を読んだのは、小学生のときである。

何も知らずに、たまたま『花とゆめ』を手に取ったところ、

ベッドの上で

男が

男の股ぐらに顔を突っ込んでいた。

すげー衝撃。

軽く食欲をなくした。

今でも忘れられないぐらいだ、ちょっとしたトラウマである(笑)。
しかもあの『花とゆめ』、親父が買い与えてくれたものだった。
親父め・・・そんなこととはつゆ知らず(笑)。

その後、友達の家にあった『パタリロ!』の単行本を1巻からおそるおそる読んだら、ふつうにすげーおもしれーギャグマンガだった。
やっぱり、絵もネタも、ちょっとグロいとは思ったが、
『パタリロ!』が教育上よろしくないとは思わんな。

何だろう・・・この違いは。 

人気blogランキングへ

拍手

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[352] [351] [350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]