忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


誰にも訊かれていないのに、『金色のコルダ2』全員同時攻略プレイのコツについて答えるならば、

プレゼントを貢ぐ
アンサンブルは、なるべく多くのメンバーで組む
最終手段として、毎日のように、赤いリボンを使って森の広場で二人練習する
(プレイしたことのない方には、何を言っているのかさっぱり分からないであろうことは、百も承知である)

そして、

釣った魚にはエサをやらない。すぐさま、次の獲物に狙いを定めろ。
土日の誘いも、必要がなければ、断る勇気が必要。

といった、豪快な荒技以外にも、

毎日1回、全員に必ず挨拶をする
メールには必ず返信する

といった、チマチマした手間が物を言う。

特に挨拶は馬鹿にならない。
毎日1挨拶で、タダで親密度が1上がる。ゲーム期間中ずっとやっていれば、軽く50超の親密度がタダでもらえる計算である。
まさに、塵も積もれば山。

このあたり、ネオロマンスの伝統かと思う。
『アンジェリーク』もそうだったし、いみじくもオリヴィエ様もおっしゃっていた。

挨拶は、人間関係の基本。

と。

前職のときの会社の研修で、挨拶の意味を問われて、そっくりそのまんま答えたよ。

と、いうわけで、挨拶の大切さを、『アンジェリーク』に教わった。

・・・・・・いくら何でも、

それは嘘。

たぶん、幼稚園の先生に習ったと思います。

出入り口では、出る人優先、とかね。

それに対して、メールには必ず返信、というチマチマ技は、しなくてもさほど問題ではない。

王崎を除いて。

これね。
王崎の気持ち、分かるよ。

王崎は、作中、コンクール出場のため、ウィーンに行きっぱになるので、もっぱらメールと電話のやり取りのみで恋愛が進む。

メールに返信するだけで、他のキャラクターの20倍好感度が上がる、というか、恐らく、返信しなければ恋愛が止まるのだが、

これ、本当に分かるわー。

遠く異郷の地で、友達もいなければ、言葉もろくに通じない状況、
日本とのメールと電話のやり取りだけが心の支えなのに、

返信なければ、そら、ヤケになる。

もう、おまえなんか知らんわー!!

ってなる。

いつかビッグになって見返してやるー!!!

って心に誓う。

そのときになって向こうからすり寄ってきても、「はて、どちら様でしたかのう?」って言ってやるー!

って密かに思う。

逆に、メールの返信や電話があれば、20倍嬉しいわけで、

要するに、『金色のコルダ2』において、王崎を落とすことは、

弱った獣にとどめを刺すのに似ている。

つまりは、

屁をこくより簡単。

・・・そういえば、昔、

同級生の彼氏が、その子をフって留学していったが、
留学先から、寂しさのあまり電話をかけてきて、

「よりを戻してくれー」

って言ってきた、ということがあった。

気持ちは分かる。

が、

よく言えるよなーそんなこと。

人気blogランキングへ

拍手

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[624] [623] [622] [621] [620] [619] [618] [617] [616] [615] [614
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]