忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ミルキー。

06-10-11_21-58.jpg

  
 
口元が、鈴木亜美に似ている。

 別に、うちの犬だから言うわけではないが。

 というか、実際、うちの犬ではないが。




さて、何の意味もなく、ミルキーの画像を載せたところで、今日の本題へ。

突然だが、本ブログのメインテーマは、『アンジェリーク』である。

ゲーマーとしての、私の原点である。
『アンジェリーク』で、メシ3杯はイケる。
メシ3杯食った後、さらに中編エッセイ程度は書ける。

うん、

普通にキモい。

『アンジェリーク』に造詣の深くない皆々様のために、
今日は、不肖わたくしめが、簡単にレクチャーして差し上げようと思う。

迷惑を承知の上で。

『アンジェリーク』、初出はスーパーファミコン。
女子向け恋愛シミュレーションの先駆けとして、発売された(たぶん)。

ジャンルは、SFファンタジーということになろうかと思う。

宇宙の女王の後継者候補に選ばれた、ごく普通の庶民の小娘
アンジェリークが、9人の若くて男前の守護聖(女王の親衛隊)を
手玉にとる ついでに 女王試験で優等生のお嬢様と競い合う

という、

『キャンディキャンディ』と
『魔女っ子メグちゃん』を
足して2で割った

物語である。

人生に必要なことはすべて 『キャンディキャンディ』 から学んだ私が
『アンジェリーク』 にハマるのは、生まれる前から決まっていたことだった。

以下、続くかもしれないし、続かないかもしれない。

人気blogランキングへ

拍手

PR

昨日は腹痛で爆沈していたが…
気を取り直して行ってみよう。

かしこさのたね
ちからのたね
いのちのきのみ
ふしぎなきのみ

こちらに来られる多くの方には、説明の必要もない、ポピュラーなもの。
パラメータを即座に上げることのできる、ドラクエおなじみの
ブラボーな品々である。

現実にこんなものがあったら、1万コロンビア・ペソ出してもいい。

この手のアイテムは、ドラクエに限らず、たいていのRPGに登場する。

『アンジェリーク』にも登場する。

主人公のアンジェリークが、フリルの戦闘服を着て
世界の危機を救っちゃう、シリーズ唯一の恋愛RPG、『天空の鎮魂歌』。

太陽クッキー
星のドロップ
三日月チョコ
順風のトルテ

など、まあ、名前はどうでもいい。

問題は、誰がそれを食うのか、という話である。

「やっぱり、自分の好きな人に食べさせるよねー」

という話を小耳にはさんで、え゛ー!!と、思ったわけだ。
そんなバカな、と。

私の場合、ドラクエだと、戦力バランスを考えて多少は振り分けるが、
基本は、自分でもりもり食っている。

…………………

ま、まあ、ドラクエだからね。
でも、アンジェリークは違うよね。
アンジェリークには、大好きなあの人も出てくるからね。

うん。

アンジェリークでは、もちろん、

余さず自分一人で、もりもり食っている。

…………………

や、だってさー。

『天空の鎮魂歌』って、アホでもクリアできる簡単さじゃん?
世界を救うだけならさ(PS版は)。

最強武器とかわざわざ装備しなくてもさー。
ぶっちゃけ全裸でも、悪の皇帝に勝てるんじゃん?

だからさー。

………………………要するに

私は

クラヴィス様より、自分の方が好きなのだろう。

人気blogランキングへ

拍手


すげーマジすげー モバイトドットコム

うちのアクセス解析が、
「モバイト ドットコム CM ビキニ 森下悠里
の話題で持ちきりになっている。

このページのせいなのだが。

あややのことを書いた時ですら、全然こんなではなかった。

おっぱいバンザイ!!

………………………

それはともかく。

このブログを見る限り、まるで私が、有史以前からテレビゲームを
たしなんでいたかのように思える。

しかし、実のところ、意外にその歴史は浅い。

ほんの10年強のことである。

…今、ほんの10年、と言った自分を、スゴイと思った(笑)。

大昔、ゲームウォッチのオクトパスなどをたしなんだ後、私の中では
ファミコンとスーパーファミコンの黄金時代がごっそり抜け落ちている。

そんな私を、ゲームという名の底なし沼に一気に引き込んだのが、

他ならぬ 『アンジェリーク』 である。

『テトリス』や『ぷよぷよ』がピコピコ動く同じゲーム機から、

「花のようなお嬢ちゃん…」

とかいうセリフが出てくるのを見たら、そら、びっくりして腰を抜かす。

何だこいつら!おもしれぇぇーー!!

と、思ってから、早10年あまりが過ぎたというわけだ。

人気blogランキングへ

拍手


ルネとベルナールのことまで書いてしまったので、
『ネオアンジェリーク』に関してはこれで終わりかなと思う。

私はサルなので、繰り返し遊べることが嬉しい。
ゲームも、繰り返し長く遊べるものの評価が高くなる。

『ネオアンジェリーク』はまあまあのゲームだが、その意味で幾分寂しい。
クリアした後に「もう1回やろーっと」と、あまり思えない。

それに、SLGからADGにジャンル変更して
ますます「アンジェリーク」ではなくなってしまっている。

もう、タイトルも、いっそのこと

『遙かなるアルカディアの中で』

とかにした方がよくね?

と、好きゆえに辛目の評価で。

人気blogランキングへ

拍手


ルネとベルナールは、『ネオアンジェリーク』における
サブキャラクターである。
要するに、いなくても話は進むキャラクターだ。

ルネは、本気を出したマルセルという感じ。

ルネに関して気になるのは、恋愛エンディングを迎えたはいいが、

まだおまえと5、6回ぐらいしか話したことなくね?

ということだ。

結婚した後で、「話が違ー!」と思ってしまいそうだ。お互いに。

ベルナールには、これといった特徴はない(言い切ったー!)。
強いて言えば、『ネオアンジェリーク』中、唯一の30代というぐらいか。

大人の男性と、というのは、一種、女子の憧れではある。
それは否めない。

だが、私の場合、どうしても、

晩年は、かなりの確率で介護生活

ということが気になって、二の足を踏んでしまう(超リアリスト)。

ベルナールに限らず、ヴィクトールしかり、
友雅もリズヴァーンもヒムロッチも理事長のおっさんも里見教授も、
すべて例外ではない。

人気blogランキングへ

拍手


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]