忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


どうでもいいことだが

今(というか最近の)シリーズの『水戸黄門』のキャストは

助さんが格さんっぽくて

格さんが助さんっぽい。

それが私のこだわり。

タミフルの威力で、回復はしてきているのだが、出社するわけにはいかない、そこで更新頻度が上がっているわけだが

それにしても、インフルエンザは出社のタイミングが難しい。
自分が回復すること以上に、菌を撒き散らさないことが肝要なので、一見多少元気であっても出社してはいけない。

病院に行ったときも、「家でもなるべく家族と離れた部屋で過ごしてください」と言われた。

病原菌かよ。

・・・って、病原菌だよ。

と、いうわけで、現在孤独な病原菌状態であるため、自室にこもって、寝ているか、本を読んでいるか、のどちらかであることがほとんどである。

本と言えば、

私が最も愛している本であり、アニメでもあるものの一つに、『ムーミン』がある。

個性的で、それぞれに一筋縄ではいかない登場人物たち、

独特の世界観、

珠玉のようなセリフ回し

に、感銘を覚える。

アニメでは、一般化のためであろう、原作のそういった雰囲気は改変されてしまっているが、それでもニョロニョロの子供心にも不気味な存在感など、生かされている部分も多々あるし、何より、アニメはアニメで別物として大変美しい。

ただ、アニメの弊害として厳然とあるのは、依然根強い、「ムーミン=カバ」説であろう。

前にも述べたことがあるかもしれないが、

ムーミンはカバではない。

ムーミンはムーミンである。

正確にはムーミントロール。

トロールというぐらいで、種族としたら、北欧の妖精や妖怪・精霊に属するものであろうか。

ただし、原作を読む限り、ムーミンから、妖精や妖怪に属するほどの霊的な雰囲気は感じられない。至極人間的で、どちらかというと、犬や猫や人間がいるようにムーミン(という動物)もいる、と考えるのが近いようにも思える。

閑話休題。

ムーミントロールである主人公を、皆が「ムーミントロール」もしくは「ムーミン」と呼ぶのは、例えるならば、飼っている犬を「イヌ!」と呼ぶようなものである。
あるいは、友達に「ニンゲン!」と呼びかけるようなものである。

そして、ムーミンの父親が、ムーミンの父親だから「ムーミンパパ」、
ムーミンの母親が、ムーミンの母親だから「ムーミンママ」

と呼ばれる、完全に「バカボンのパパだからパパなのだ」状態、

固有名詞不在の物語世界なのである。

思うに、

固有名詞不在でも社会生活が成り立つのは、同種族が他に近くにいないからであろう。

ああ見えて、ムーミンも孤独な希少種族なのである。

孤独な病原菌である私は、そこに大いなる共感を覚える。

・・・というのは、まったくの嘘でたらめです。

人気blogランキングへ

拍手

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[435] [434] [433] [432] [431] [430] [429] [428] [427] [426] [425
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]