忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ラブコメのお約束パターンとして、先日挙げた以外にも、

事故で、二人きりで一夜を明かす

というのも、忘れることができない。

雪山で遭難して、山小屋で裸で温め合う

なども、その応用編ですな。

もちろん、『花ざかりの君たちへ』も、そのパターンを外していない。
しかも、

ヒロインがたちの悪い男に目をつけられ、襲われかけたところを、ギリギリで(←ここ重要)ヒーローが助け出したはいいが、事故に遭って夜に二人きり

という、目のくらむような併せ技を繰り出してくる。

だが、今となっては、このパターン、何か違和感がある。
読んでいて、

携帯使って助けを呼べよ

と、思ったのである。

携帯が圏外というわけでもなさそうだし・・・・・・おお!

『花ざかりの君たちへ』は、3年前まで雑誌で8年間連載されたマンガである、
問題の遭難シーンは、かれこれ10年ほど前に掲載されたネタだと思われる。

十年一昔。

当時は、高校生が携帯を持つとか、まだ一般的ではなかったのだろうな。
そういえば、『花より男子』も(あれも長いマンガだった)、初期の方で、道明寺が「ポケベルは学生の必須アイテムだぜ」とか言っていて、今見ると痛々しい。きっと道明寺も、「4649」とか打ってたんだ。

あー・・・世知辛いな。

今日び、ラブコメのお約束を果たすのも楽ではない。
それを考えると、『花ざかりの君たちへ』は、ラブコメ業界の最後の雄と言っても過言ではない(過言である)。

というか、このマンガの問題のシーン、実は

たちの悪い男に襲われかけたヒロインを、ギリギリで(←ここ重要)ヒーローが救出したはいいが、事故で夜を二人きりで過ごす羽目になり、さらに、怪我もろもろのため気を失ったヒロインに、口移しで水を飲ませる

というトリプルアクセルのアクロバットである。

これを初めて読んだとき、めまいを通り越して失神しそうだったが、ここまで徹底すると逆に小気味よい。
そのカタルシスは、絶叫マシンに乗ったときや、ホラー映画で血しぶきブシューを見たときのそれに似ていると思う。

人気blogランキングへ

拍手

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]