忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『花ざかりの君たちへ』(愛蔵版・全12巻 各750円)

b4c149e0.jpg

を、大人買いし、次の日出勤だというのに最後まで読みふけってしまった、おサルな私である。

で、感想であるが、かなり面白い、が、何か、ちょっと、

エロい。

性別を偽って全寮制の男子校に入学したヒロイン・芦屋瑞樹

瑞樹ですが、何か?

違う。芦屋瑞稀

原作の芦屋瑞稀 か ドラマの芦屋瑞稀

と、そのルームメイトで才能あるハイジャンパーの佐野浅夫

カーネル・サンダースではありません。

あ~惜しい、微妙に違う。

佐野泉

原作の佐野泉。カッコイイね! とか ドラマの佐野泉。感じ出てるね!

のラブコメなのであるが、好き合った若い二人が学生寮の同室というのがミソ。

ラストまで、二人が一線を越えることはない。
『囚~愛玩少女』(参照)のように、××が○○して、△△で□□□※※※・・・・・・・
みたいなことは起こらないのだが、

かなりキワドイ、個人的には、『囚』よりエロく感じる(誉めている)。

例えるなら、全部見せるより、チラリズム(死語)のエロというか(ちょっと違うかも)、

少年ジャンプのラブコメあたりに似た、ありえないあざとさというか、具体的に言うと、まつもと泉、桂正和の系譜を連想する。少し懐かしい感すらある。・・・そう、

『花ざかりの君たちへ』は、少女マンガにおける『きまぐれオレンジロード』である。

・・・・・・・・・・・・・・

『きまぐれオレンジロード』が出てくるあたり、我ながらかなり痛かった。
せめて『いちご100%』か。・・・って、それも古いか。でもいいか。
『花ざかりの君たちへ』も、ちょっと古いマンガである。

いじょ。

人気blogランキングへ

拍手

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388] [387] [386] [385
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]