忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


おかげさまで、GWの代休が取れた。
おめでとう、私。

とはいえ、5日も休むと、その間にどんなことになっているかと考えるだけで恐ろしい。
次、出勤したときは修羅場だと思うと、心からくつろげないが、

とりあえずおめでとう、私。

と、いうわけで、一日目、髪を切った、1年3ヶ月ぶりに

ぼさぼさに伸び放題だった前髪を眉の高さで揃え、ミディアムの長さにパーマをかけた。
おかげで、相武紗季に似すぎてしまい、困っているところである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

てめぇいい加減にしろよ!!

・・・と、つかみもOKなところで、(←?)

『貂蝉―女剣三国志』 (徳間文庫/加野 厚志)

c40ac366.jpg

数多い三国志物の中で、貂蝉を主人公にした変わり種。
と、いうことで、董卓全盛~呂布の養父殺し あたりまでの物語かと思う。

たぶんね。

ちらっと立ち読みしただけなので、確証はないのだが、最後の方の章が『天女昇天』だったから恐らく。

買いたい気持ちもあったのだが、三国志物ということで、読まなくとも大体の筋は見当がつくわけで。
そして、周りの本のラインナップから推測するに、たぶん、恐らく、結構官能系。三国志をネタにした、エロ。
別にエロでもいいんだが、まぁ、何となく、ちらっと立ち読みしただけでやめておいた。

その、ちらっと立ち読みしたところが、貂蝉と董卓の初対面のシーンであった。

入浴中の貂蝉、それをのぞく董卓。
まぁ、董卓、当時天下人なものだから、悪びれもせず、堂々と姿を現すわけだが、貂蝉も負けてはいない。このスケベなおっさんを虜にしなければならないという使命があるので、ザパッと景気良く風呂から上がり、そのまま、得意のダンスを踊りまくる。『胸も秘所もあらわにして』的な表現があるのだが、

・・・胸(上)も、秘所(下)も?

上はともかく、下も見えるように、って、難しくないか?
どんな踊りだ。
リンボーダンスかな?
おっさんの方に向かって。

と、思った次第。

などと考え出すと、なかなか愉快な物語かもしれません。

ちなみに、『貂蝉』を蹴って購入したのは、『天使と悪魔』。『ダヴィンチ・コード』の続編ですな。
母が先に読んで、大変熱中していた。謳い文句ではないが、『ダヴィンチ・コード』を上回る面白さとのこと。
この連休中に、映画を見に行こうと思います。

終わり。

人気blogランキングへ

拍手

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[645] [644] [643] [642] [641] [640] [639] [638] [637] [636] [635
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]