忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


・・・土曜は、

寝て、ネットして、寝て、競馬見て、寝て、一日が終わった。
寝すぎで頭痛ぇー。

ネットで何をしていたかというと、篠田三郎について検索していた。

若い方々へ・・・篠田三郎とは・・・

ウルトラマンタロウ。

あ。ウルトラマンタロウ自体が分からんか。
ウルトラ6兄弟の末っ子。
ウルトラ6兄弟も分からんかったりして。
とにかく、そういう人たちが昔の日本に住んでいて、地球を宇宙怪獣から守っていたのです。

何となく、タロウは、ウルトラ6兄弟の中で、私にとって特に印象深いヒーローである。
決め手はルックスだろうか。
一人だけ、ぱっと見明らかに違う。

それもそのはず、ウルトラ6兄弟といっても、彼らは実の兄弟ではない。
ウルトラの父とウルトラの母の実子は、タロウだけなのだそうだ。
あー言われてみれば確かに。タロウってば父親似。

頭の中身も父親似だったらしく、トップで学校を卒業したそうだ。
ウルトラ6兄弟のうち、セブンとは従兄弟で、年も3000歳しか離れていなかったため(何!?)、良い遊び友達だったとか。
地球へは、学校の遠足で来たことがあった。
・・・何ですとー!!
目立つだろー目立ちすぎだろーそんな一行。

最強必殺技は、ウルトラダイナマイト。
相手に巻き添えを食わせる自爆技で、ドラクエでいうところのメガンテであるな。
自爆しても、心臓が無傷なら再生できるらしい(!!)。
・・・自爆したら、心臓だけ無傷ということはないと思うのだが、気のせいだろうか。
あまりにも負担の大きい技で(そらそうだ)、1度につき寿命が20年縮むので、1度使ったきりで封印されている。
20年ってすごいことのように思えるが、12000歳である(!)タロウにとっては、3、4日程度のことだそうだ。
というか、12000年生きたら、思い残すことはないだろ。

そういえば、子供の頃から不思議に思っていたのだが、

ウルトラマンの独特のルックスは、着ぐるみとか変身という設定なのだろうか、それともあれが生まれたままの姿なのだろうか。
後者ならば、全裸で人前をのし歩いていることになるわけで。猥褻物陳列罪ー。草彅 剛もびっくり。
つーか、子作りはどうやってするのか。不思議ー不思議ー(変なことに興味を持つなよ)。

・・・はっ。

思わず、ウルトラマンタロウについて、熱く語りすぎてしまった。

本題は篠田三郎。

何ゆえ篠田三郎を検索したかというと、

そんなわけで、定期的に篠田三郎のことを思い出すことにしているのだが、
(別にファンというわけではないあたりが神秘)

今日それをしてみたところ、母が、「篠田三郎ってもう死んだんじゃねぇー?」と、言い出してびっくりしたからだ。

結果として、

濡れ衣。

今年も元気にお仕事されてます。

そらそうだ、まだ還暦。

そういえば、芸能人の死亡説って、時たま流れることがあるが、
自分が死んでるという噂を、生きたまま聞く気持ちって、どんな感じだろうか。

要するに、人目に触れるのがお仕事なので、露出度が低くなると、

「あれーあの人、最近見ないねー」
「死んだんじゃねぇー?」

って、すぐ言われちゃうということなのだろうが、

それって何だか切ないね。

5/12 NHKマイルカップ。

◎ アイアンルック
○ ブレイクランアウト
他は、ジョーカプチーノ レッドスパーダ タイガーストーン ティアップゴールド

違う。

5/12は、母の日です。

人気blogランキングへ

拍手

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[642] [641] [640] [639] [638] [637] [636] [635] [634] [633] [632
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]