忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スティーヴン・キングの『ダーク・タワー』を読了。

文庫版の第1巻が発売されてから十有余年、長かった、時間的にも、分量的にも。

キングは、好きな作家だ。
何度となく、怖いものに対してまったく免疫を持たないことを公言していて、その言葉に嘘偽りは一片もない。
キングといえば、『IT』や『キャリー』、『ミザリー』などの恐ろしい作品が有名であるが、そのイメージよりも作風は幅広い。恐ろしい部分を巧みに避けて、それでもかなりの冊数を読んだと思えるので、確かである。

『ダーク・タワー』は、キングの放つ、西部劇とSFをミックスした、難解かつ壮大なダーク・ファンタジーである。

主人公ローランドは、暗黒の塔を求めて、歩く、歩く、とにかく何百年も歩きまくる。

もう、永遠に着かないんじゃないかと思っていたので、最終巻、唐突にそれが全貌を現したときは、読んでいる方まで緊張で動悸がしてしまった。不覚。

その結末はというと、例えるなら、

フラグを立て損なったために、真のエンディングに辿りつくことのできなかった、RPG

である。

非常にもやもやする、というより、白ヤギさんの童謡に通じる恐怖を覚える。
いったい、いつから、いつまで、という疑念を、第1巻『ガンスリンガー』でのローランドに対して、すでに抱く。

キングの作品は、ホラーばかりではないが、やはり、必ず、恐怖と無縁ではない。

とりあえず、今年に入って、読み終わるのは3冊目。

ひとつ前は、宮部みゆきの『あやし』。
こちらは、読みやすく、おもしろい、ホラー時代劇の短編集であった。

印象に残ったのは、『女の首』、
黄色い着物を着た、心配顔の謎の人が、主人公の少年の夢枕に立つシーンである。

黄色い着物、不安げな表情の謎の人といえば、それはもう、

レレレのおじさん

でしか、ありえない。

そうするともう、主人公の少年が、バカボンにしか見えなくなるのである。

タイトルは『女の首』、
恐ろしい怨霊につきまとわれる悲劇の少年、

しかし、その顔は、バカボン。

人気blogランキングへ

拍手

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[691] [690] [689] [688] [687] [686] [685] [684] [683] [682] [681
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]