忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


最近、図書館の楽しさにハマっている。

図書館の何がいいといって、何といっても、

本がタダで読める。

この本、ちょっと興味あるなー。
買おうかなどうしよっかなー・・・・・・

と、いうことはないだろうか。

私は、山ほどある。

その中のひとつが、

『永遠の戦士エルリック』シリーズ。
マイクル・ムアコック著。

1970年代の古いダーク・ファンタジーで、長らく私にとっての「買おうかなどうしよっかな」案件の一つだったのだが、『鋼の錬金術師』完結記念に、軽い気持ちで、借りて読み始めた、ところが、

これが、とんでもない底なし沼だった。

要約すると、

異形と同族殺しを運命づけられた悲運の主人公が、世界の秩序を担って、無限に転生を繰り返す話。

それが、ムアコック著の『永遠の戦士エルリック』であり、『永遠の戦士エレコーゼ』であり、『永遠の戦士 コルム』であり、『永遠の戦士フォン・べック』であり、以下同文。

それぞれが、文庫本数冊にわたる大長編なわけで、

永遠の戦士は、本当に永遠に戦士だったのだ。

いずれの巻も2006年以降の初版となっており、ハリー・ポッター以降のファンタジーブームに乗って再版されたものと思われるが、まあ、それとはかなり趣を異にする。

空が「病んだ肝臓の色」であるとか言われても、こちとら病んだ肝臓どころか健康な肝臓ですら見たことがないので、想像もつかないわけである。

かろうじて、抜けるような青空でだけはありえないのだろうな、と、察することはできる。

昨日なども、半神族たるエルリックは、

「髭を剃る必要もなければ、伝統的な意味での排泄もしないので」という表現があり、我輩、大いに混乱した次第である。

伝統的な意味での排泄って何だ。

排泄に、伝統もへったくれもあるのか。

また、伝統的な意味での排泄はしないが、今時はやりの排泄ならするのか。

今時はやりの排泄って何だーー!!

うんこは、伝統的な意味での排泄なのか今時はやりの排泄に入るのか。

多元宇宙という、独特の世界観をさしおいて、そっちに頭悩まされている、今日この頃である。

人気blogランキングへ

拍手

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[733] [732] [731] [730] [729] [728] [727] [726] [725] [724] [723
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]