忍者ブログ
好きなゲームは①アクション②パズル③恋愛シミュレーション。このブログでは③が大事。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


前回の更新から、また1週間たっている・・・

マジですか。
光陰矢の如し。

それで思い出した。
古い話で恐縮だが、

倖田來未の「35歳の女の羊水は腐ってる発言事件」、

確かにつっこみどころ満載の発言ではあったが、私が何より先に思ったのは、

まるで他人事みたいな発言だなあ、
今25歳なら、すぐ35歳にもなるのに。

と、いうことであった。

彼女に悪意はなく、
あったのはただただ、何かおもしろいことを言ってやろうというサービス精神と、年とった女に対する優越感だけだったのだろうが、いやいや、なかなかどうして、

まったく他人事ではありませんよ。

という話である。
ユーモアって難しい。

まったくもって、古い話で恐縮である。
起き抜けなので、変なことを思い出してしまった。

そして、起き抜けなので、見た夢の内容をよく覚えている。

夢は、その人間の願望や興味をよく反映するものである、
空飛ぶ夢とか、憧れの芸能人に会う夢とか、見るよね。
ドラクエに熱中している最中なら、夢もドラクエだったりするし。

私の場合、17歳ぐらいの頃、暴れん坊将軍になる夢を見たことがあって、年頃の娘が、何に憧れちゃってるんだよ、と、今になると思う。
せめて、スケバン刑事ぐらいにしておいてほしかった。

で、さっき、久々に、時代劇の夢を見た。
ネタは、『必殺仕事人』。

必殺仕事人といえば、善良な民草が、理不尽に不幸な目に遭うことで有名だが、私の夢の中では、若い侍が、無実の罪に問われていた。
で、その罰は何かというと、

まず、登城したら、
座敷の端から端までをバック転で横断し、
事を終えたら、自宅に直帰しなければならない、
それも毎日。

というものだった。

何と惨い刑罰であろう。
将来の夢希望にあふれる若者の唯一の仕事が、「座敷の端から端をバック転で横断する」ことだとは。
人目のある所でそんなことをしなければならないだけでも屈辱であるのに、

あのバック転侍

などと、陰口を叩かれ続けるに決まっているのだ。

私も、実に残酷なことを考えつくものだ。
『必殺仕事人』の脚本家がつとまるかも。

と、思ったが、よく考えるとそれは、罰というよりも、罰ゲームであった。

人気blogランキングへ

拍手

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[655] [654] [653] [652] [651] [650] [649] [648] [647] [646] [645
«  Back :   HOME   : Next  »
プロフィール
HN:
亀吉姐さん
性別:
女性
自己紹介:
好きな騎手は安藤勝己。
好きな棋士は谷川浩司。

↓ランキング参加中
人気blogランキング
カウンター
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新CM
(11/04)
(08/11)
(10/18)
(08/19)
(01/12)
メールフォーム
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]